VIEQU STAGE ヴィークステージ練馬豊玉

[公式]ヴィークステージ練馬豊玉。西武池袋線・有楽町線、都営大江戸線など 6路線利用可能の「練馬」駅より徒歩圏。清水建設グループの新築分譲マンション

  • 物件概要
  • 現地案内図
  • 資料請求
  • 来場予約
Story10 構造・セキュリティ:永住品質

 

見えないところにも細心の注意を。|地盤・耐震性・防音対策

見えないところにも細心の注意を。
地盤・耐震性・防音対策

基礎構造

基礎構造

強固な杭を固い地盤に構築して建物を足元から支える杭基礎構造を採用。杭には既成杭を採用し、地下約19m付近のN値60以上の強固な地盤を支持層としています。

鉄筋コンクリートの劣化対策(かぶり厚さ)

鉄筋コンクリートの劣化対策(かぶり厚さ)

コンクリートの中性化が極度に進むと、コンクリートの中の鉄筋は錆びやすくなります。これを防ぐひとつの策は、鉄筋を包むコンクリートの厚さ(これをかぶり厚さといいます)を適切に厚くすることです。「ヴィークステージ練馬豊玉」は、下記のとおりのかぶり厚さを確保しています。

断熱対策

断熱対策

「ヴィークステージ練馬豊玉」では、屋根約30mm、ルーフバルコニー約35mm、外壁は約25mm、最下階床下は約30mmの厚さの断熱材で、住戸の外気に接する部分を全てカバーし、熱損失を軽減。屋根と最下階の床は外断熱とすることにより、外気や日射の影響から躯体を保護し、躯体の劣化軽減にも効果を発揮します。

帯筋工法

帯筋工法

柱では、主筋を囲むように巻き付ける鉄筋を帯筋あるいはせん断補強筋と呼びます。帯筋を密にすることによって柱のせん断強度を高めています。(間柱等の一部を除く)

ダブル配筋

ダブル配筋

壁面の鉄筋を格子状に組み上げる工程で、鉄筋を二重に組むダブル配筋を標準として施工しています。

水セメント比は50%以下

水セメント比は50%以下

水セメント比を50%以下に設定することで、コンクリートの収縮を低く抑え、ひび割れも起こりにくい、耐久性の高い建物を実現することができます。
※柱・梁・壁等の主要構造体に採用。

住戸内のパイプスペースまわりの遮音対策

住戸内のパイプスペースまわりの遮音対策

居室に隣接するパイプスペースの周りは、床スラブから天井スラブ下までプラスターボードを張り、排水立管には遮音シートを巻き付けるなどして、排水音が聞こえにくくなるよう配慮しています。
※配管・配線の関係で、天井内・床下の壁部分に一部開口 が生じる場合があります。

床の遮音対策

床の遮音対策

【軽量床衝撃音への対策】
スプーンを落とした時のコツンという音やスリッパで歩くパタパタという音が軽量床衝撃音です。以下のような仕様を施し、衝撃音の軽減を図っています。
[乾式遮音二重床の採用]
コンクリートスラブの上にクッションゴム付の支持脚を設けて、軽量床衝撃音の伝達を低減させる効果のある二重床構造を採用しています。また、居室では、二重床材を採用しています。

壁の遮音対策

壁の遮音対策

外壁の厚さは約150~180mm、戸境壁の厚さは約180mm(一部除く)以上として、高い強度とともに遮音性も向上させています。

毎日の安全・安心のために。|セキュリティ

毎日の安全・安心のために。
セキュリティ

セキュリティネットワーク

セキュリティネットワーク

マンション自体にセキュリティに対するさまざまな工夫がなされていても、万が一の異常事態が発生した場合は、適切でスピーディーな対応こそが重要となります。「ヴィークステージ練馬豊玉」は綜合警備保障(ALSOK)と連携し、火災・防犯などの戸別監視はもちろん、共用部分の設備機器類の異常警報を含め、24時間365日体制で管理しています。
また、綜合警備保障(ALSOK)では警報受信後直ちに、状況に応じた適切な対処でお客様の安全をお守りします。

防犯カメラ(リース式)

防犯カメラ(リース式)

敷地内やマンション内へ不審者の侵入を困難にするために、共用部分に防犯カメラを設置しました。防犯カメラの画像は管理室内のデジタルレコーダーに24時間常時録画されます。

駐車場リングシャッター

駐車場リングシャッター

大切なお車の保全対策として、駐車場入口はリモコンで開閉するシャッターを装備。暮らしの安全性を高めています。※桜HOUSE

玄関錠(プログレッシブシリンダー)

玄関錠(プログレッシブシリンダー)

1千億通りの鍵違い数で不正複製を防ぐシリンダー錠。シリンダー内には複数の高硬度部品を使用し、ドリル攻撃にも高い抵抗力があります。さらにシリンダー前面をスリバチ状にし、蓄光タイプとしたことで暗闇でもキー操作が容易です。

玄関ドア・窓防犯センサー

玄関ドア・窓防犯センサー

玄関ドアや窓を、第三者に何らかの方法で開けられてしまった非常事態に対しても対策を施しています。全ての住戸の玄関ドアと窓に、不審者の侵入を監視する防犯センサーを設置(面格子付窓・FIX窓を除く)。防犯設定をONにしている時に開けられるとセンサーが反応し、リビング・ダイニングのTVモニター付インターホン(住宅情報盤)から警報が鳴り、お住まいの方に異常発生を知らせるとともに、管理室・綜合警備保障(ALSOK)へ自動通報されるシステムになっています。

防犯玄関ドア(耐震機能付)

防犯玄関ドア(耐震機能付)

❶ドアガード
玄関ドアを開ける時、ドアガードをかけておくと、万一無理やりドアを開けようとされても、侵入を防ぐことができます。
❷防犯サムターン
玄関ドアに穴を開け、特殊な工具で住戸内側の開錠つまみ(サムターン)を回して侵入するサムターン回しという手口に対処するために、防犯サムターンを採用。工具で引っかけても回せないような方式としています。
❸こじあけ対策
【鎌デッド錠】

バールによる玄関ドアのこじ開けなどへの対策として鎌デッド錠を採用。ロックした時にドア枠部分のストライク部に対して、ドア側のデッドボルトが鎌状にせり出すためガッチリとかみ合い、こじ開けに強く抵抗します。
【防犯召し合わせ】
錠前のラッチを目隠しにするカバーを表面材と一体化しました。

トップ